キャッシングの基礎知識

総量規制対象外のキャッシング - キャッシングの基礎知識

キャッシングの基礎知識 > 総量規制対象外のキャッシング

総量規制対象外のキャッシング

キャッシング会社がお金を融資するにあたって、総量規制のルールの下で貸し出さないといけません。
総量規制とは、その人の年収の1/3を上限として融資するものです。
年収が240万円の人には80万円を超える融資をすることは禁じられます。
しかしキャッシングが行う融資の中には、総量規制対象外となるものもあります。
総量規制対象外のキャッシング貸付には大きく2種類に分類でき、例外貸付と除外貸付があります。

例外貸付とは、本来であれば総量規制の対象になるべき事象なのですが、そうすることで債務者の得る利益の大きな場合に例外的に認められる貸付のことです。
たとえば、キャッシングの借り換えやおまとめローンがあります。
いずれも金利が下がることで、債務者の返済負担が軽減されるメリットがあります。
キャッシングのおまとめローンを利用するのであれば、年収の1/3を超えるかどうかを気にする必要はないです。
その他には緊急の医療費の貸付も該当します。急病にかかって手術だ入院だとなると、まとまった費用が必要になります。
そのような場合には総量規制の制限を受けることもなくなります。

除外貸付とは、もともと総量規制の対象外である貸付のことです。
具体的には、不動産を購入するとか増改築するための住宅ローンとか、自動車を購入する際に利用するマイカーローンといったものです。
住宅ローンなどは高額な融資を受けることになりますが、年収の1/3を意識する必要は一切ありません。

その他に銀行カードローンは全般的に総量規制の対象外になります。
総量規制は貸金業者を規制するためのルールのため、貸金業者ではない銀行はその規制を受けることはありません。
もし銀行が独自に審査を行って、返済能力に問題なしと判断したのであれば、年収の1/3を超える貸し付けを行うことも可能です。
また専業主婦のような、自分の所得の一切ない人に対しても融資を行うことができるわけです。
銀行カードローンの利用も検討してみると良いでしょう。

top