キャッシングの基礎知識

専業主婦がお金を借りるには? - キャッシングの基礎知識

キャッシングの基礎知識 > 専業主婦がお金を借りるには?

専業主婦がお金を借りるには?

専業主婦がキャッシング会社からお金を借りる場合にネックになるのは、総量規制です。総量規制は貸金業法の中で規定されている項目で、申し込んだ人の年収の1/3を超える金額を貸し付けてはいけないとするものです。
多重債務で苦しむ人が多かった背景もあって、借り過ぎないために新たに設けられたルールです。
専業主婦の場合、収入がないのでお金を借りられなくなります。しかし専業主婦にいくらかの収入があれば、借入も可能になります。

別にフルタイムでバリバリ仕事をする必要はありません。
パートタイマーで仕事をして給料を受け取れば、その所得の1/3以内であればお金をキャッシング会社から借りることは可能です。
キャッシング会社の傾向を見てみると、大手含めパートタイマーやアルバイトの人にも積極的に融資を行っているところも多いです。
もし仕事を短時間でもできるのであれば、バイト先を探してみるのも良いでしょう。
最近では週1日からシフトに入れるとか、午前中だけでも仕事のできるようなアルバイトの案件も見られます。
バイトをして収入を得ることで、家計の状態も楽になる可能性も期待できます。

小さな子供がいて仕事ができないという専業主婦もいるでしょう。
もし収入がない状態が当面続くのであれば、主なキャッシング会社からお金を借りるのは難しいでしょう。
しかし銀行カードローンであれば、収入のない専業主婦の方でもお金を借りることは可能です。

銀行は貸金業者ではないので、先ほど紹介した貸金業法に基づく運営をする必要がありません。
もちろん総量規制のルールに従う義務がないのです。このため、自分名義の所得のない人でも融資できるわけです。
専業主婦でも融資できるカードローンを見てみると、専業主婦当人の身分証明書があれば申し込みを受け付けているところが多いです。
つまり旦那さんなど家族に内緒でお金を借りることができるのです。
どうしてもお金が足りなくて困っているのであれば、銀行カードローンの利用も検討してみてはいかがですか?

top