キャッシングの基礎知識

銀行系カードローンの特徴 - キャッシングの基礎知識

キャッシングの基礎知識 > 銀行系カードローンの特徴

銀行系カードローンの特徴

社会に出て働くと、家賃の支払いや交際費などで、急にお金が足りないなという時があります。お金が足りない時には知人や親族に事情を話して少し貸してもらうこともできます。肉親であれば多くの場合には、利息無しで貸してくれるので便利ですが、いつまでも返さないと親族関係が悪くなることがあります。そこで、お金を借りる時に考えるのがカードローンです。 カードローンと聞いてもカードを使ってお金を借りるという印象しかありませんし、学校や会社でもカードローンの意味や特徴を詳しく教えてはくれません。カードローンには、消費者金融から借りるカードローンと、銀行カードローンがありますが、それぞれに特徴が違います。では、銀行カードローンにはどんな特徴があるでしょうか。 銀行カードローンの法律上の特徴 消費者金融からお金を借りすぎる人を少なくするために、法律で総量規制と呼ばれる決まりがあり、年収の3分の1までの金額しか借ることができません。そのため、年収が300万円であれば、消費者金融からは100万円までしか借りられないことになります。しかし、銀行カードローンは総量規制の対象から外れるので、借り入れる金額について規制されることはなく、年収の3分の1までなどの制限もありません。 注意すべき点として、銀行がお金を貸すときには、借りる人の返済能力を見てから融資額を決めるので、返済能力がなければ総量規制かどうかにかかわらず、たくさんのお金を借りることはできないので、銀行カードローンだから必ずしも年収の3分の1を超えて借られるとは限りません。  銀行カードローンと利用の回数 カードローンの特徴は、利用限度額を超えなければ何回でも好きな時にお金を借りられることです。そのため、限度額に達していなくて、毎回の返済もきちんと出来ていればお金を借り続けることができます。自分の限度額が100万円のカードローンであれば、1回目に10万円を借りて、その後は毎月1万円でも返済をして、追加で融資を申し込むことができます。

top